節税>>相続税・贈与税の節税

養子縁組による相続税節税

 相続税は、正味の相続財産から基礎控除額を引いたものに対してかかります。
 基礎控除額=5000万円+(1000万円×法定相続人の数)、となります。ですから、法定相続人が多ければ多いほど、支払う相続税は安くすみます。つまり、相続税の節税となります。
 また、死亡保険金、死亡退職金も法定相続人1人につき500万円までが非課税ですので、法定相続人が増えると節税になります。
 法定相続人を増やすためには、養子を迎えるのが最も簡単で手っ取り早い方法です。一般的に、相続人の孫や嫁などを、養子にすることが多いです(ただし、孫を養子にした場合は、相続税額が20%加算されます)。
 なお、基礎控除額の「法定相続人の数」に算入できる養子の数は、税法上、制限されています。
 実子がいる場合には、「法定相続人の数」として認められる養子は1人だけです。また、実子がいない場合は2人まで、「法定相続人の数」に算入することが出来ます。これは、制限を設けないと養子の数をどんどん増やして、相続税を安くしてしまうからです。
 また、迎え入れた養子には、必ず遺産を相続させるようにしましょう。財産を相続させないと、相続税を不当に減らすものだとして、税務署ともめることもあります。
 また、このように養子を増やすことは節税になりますが、養子縁組は相続争いのトラブルが生じることも多いですので、慎重に行う必要があります。