節税>>相続税・贈与税の節税

生前贈与の活用による相続税節税

 相続税節税の有効な手段は、間違いなく生前贈与です。暦年課税方式の生前贈与を行うことによって相続財産を減らし、相続税節税となります。なお、大型の生前贈与を行ないますと贈与税がものすごくかかりますので、こまめに行うことがポイントとなります。そうすることによって、相続税と贈与税のトータルの税負担を圧縮でき節税できます。
 贈与税の基礎控除額である110万円の範囲で贈与をしていたら、贈与税無税で相続財産を減らすことができます。
 例えば、相続財産が7000万円で子供1人が相続人の場合、相続税額は100万円となります。しかし、100万円を贈与していて相続財産が6900万円になったら、相続税額は90万円となります。よって、10万円節税できたことになります。
 また、例えば1000万円を贈与するなら、一度に贈与しないで、毎年100万円ずつ10年間贈与すれば贈与税はかからないし、相続財産が1000万円減らすことができるということです。結果、相続財産が6000万円となり相続税額は0円となります。よって、100万円節税できたことになります。コツコツと生前贈与すれば相続税を減らすことができるのです。
 ただし、相続財産がたくさんある場合、そのようなことをしていたら、たいして減らせないでしょう。
 このような場合は、相続税の実効税率と贈与税の実効税率を比較して生前贈与を行なうのです。ようするに、相続税の実効税率よりも低い贈与税の実効税率が適用される金額で贈与をこまめに行うことがポイントです。
 つまり、生前贈与を活用した相続税と贈与税のトータルな税負担の軽減策は、相続税の実効税率と贈与税の実効税率を比較して行うということです。