節税>>相続税・贈与税の節税

贈与税の配偶者控除

 婚姻期間が20年以上である夫婦間での贈与には、お得な制度があります。これを贈与税の配偶者控除といいます(相続税の配偶者控除と混同しないよう注意してください)。
 この制度は、夫婦間(夫から妻でも、妻から夫でも)での居住用の不動産、または、居住用不動産の取得資金の贈与に限り認められる特例で、2000万円までは贈与税がかからないというものです。基礎控除額の110万円を加えれば、2110万円までは税金を払わずに配偶者に贈与することができます。ですから、配偶者控除の活用が、贈与税の節税となるのです。ただし、不動産取得税、登録免許税などはかかります。
 また、通常、亡くなる前3年以内の贈与財産は相続財産に加算されてしまいます。しかし、この贈与税の配偶者控除を受けるとその贈与財産分は相続財産に加算されません。
 なぜ、贈与税の配偶者控除が設けられているかというと、次のような理由からです。
(1)夫婦の財産は夫婦の協力によって形成されたものであること
(2)配偶者の老後の生活保障を意図して贈与される場合が多いこと