節税>>相続税・贈与税の節税

アパートやマンションなどを建てる

 アパートやマンションなどを建てると相続税の節税となります。順を追って説明しましょう。
@建物
(1)アパートを建てた場合、建物の相続税評価額は固定資産税評価額となります(標準的な建築費用の50%から70%となります)ので、現金で持っているより、相続税評価額は下がります。
(2)またアパートなどの建物は貸家となりますので、さらに相続税評価額は下がります。
A宅地
 宅地の上にアパートを建てると、宅地の相続税評価額は下がります(貸家建付地)。
B借金
 アパートやマンションなどを建てる際に、借金をすれば債務となり相続財産から差し引くことができます。例えば、時価2億円、相続税評価額1億5000万円のマンションを相続したとしても、もし借金が1億2,000万円あるなら、課税対象となるのは差し引き3,000万円だけということになります。ほかに相続財産がなければ、基礎控除額を差し引くと相続税はまったくかかりません。
 
 このようにアパートを建てると、相続財産がドーンと一気に減るのです。結果的に、相続税の節税になるということです。
 ただし、自己資金ではなく借金をしてアパートを建てる場合は注意をして下さい。場所によっては部屋が埋まらずに家賃収入が少なく、借金返済で苦しむ場合があります。ローン金利の上昇も考えられます。また、不動産の下落により資産価値自体が下落することもあります。アパートやマンション経営は、相続税の節税となりますが、それをしたことによって苦しんでいる人はいます。ですから、借入を利用した相続税対策には、十分な注意が必要です。