節税>>サラリーマンができる節税

「生計を一にする」とは

 サラリーマンが節税をしようとする場合、「生計を一にする」というキーワードが非常に重要です。
 医療費控除社会保険料控除配偶者控除配偶者特別控除扶養控除等サラリーマンができる節税の基本は所得控除なのですが、配偶者や親族については「生計を一にする」が要件となっています。ですから、「生計を一にする」について、ちゃんと理解しておく必要があります。
 「生計を一にする」とは、一般的には、同一の生活共同体に属して日常生活の資を共通にしていることをいうものと解されています。
 同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、「生計を一にする」ものとされます。
 ただし、必ずしも同一の家屋に起居していることが条件ではなく、勤務、修学、療養等の都合上他の親族と日常の起居を共にしていない親族がいる場合であっても、これらの親族間において、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合には、これらの親族は「生計を一にする」ものとされます。
 
 
(生計を一にするの意義)
所得税基本通達2−47 法に規定する「生計を一にする」とは、必ずしも同一の家屋に起居していることをいうものではないから、次のような場合には、それぞれ次による。
(1) 勤務、修学、療養等の都合上他の親族と日常の起居を共にしていない親族がいる場合であっても、次に掲げる場合に該当するときは、これらの親族は生計を一にするものとする。
 イ 当該他の親族と日常の起居を共にしていない親族が、勤務、修学等の余暇には当該他の親族のもとで起居を共にすることを常例としている場合
 ロ これらの親族間において、常に生活費、学資金、療養費等の送金が行われている場合
(2) 親族が同一の家屋に起居している場合には、明らかに互いに独立した生活を営んでいると認められる場合を除き、これらの親族は生計を一にするものとする