節税>>サラリーマンができる節税

自家用車を売った場合

 自家用車を売っても、ほとんどの場合、所得税はかからないでしょう。自家用車を売る場合で気をつける点は自動車税です。
 4月1日時点で所有(登録)している車には、翌年の3月31日までの1年分の自動車税が課税されます。つまり、4月1日以降に車を売ったり廃棄しても、原則として、その年度の分の自動車税の納税義務はあるということです。
 ただし、年度中に廃車等を行い、運輸支局で抹消登録を行った場合は、抹消登録を行った翌月以降の税額が還付されます。
 また売ったり廃棄した車について、運輸支局で名義変更や抹消登録の登録手続きがされていない場合、手放した翌年度以降も自動車税が課税されることになりますので注意が必要です。つまり、手続きをきちんとすることが節税となります。
 
 自動車税
納税義務 異動の状況 取り扱い
発生 新規登録 月割課税
登録の月の翌月から年度末までの月数による課税
消滅 廃 車 月割課税
4月から消滅(抹消登録)の月までの月数による課税
変更 所有者変更
転出
転入
年課税
4月1日現在の所有者にその年度分を全額課税