節税>>サラリーマンができる節税

医療費を支払った場合

 自分や自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受けることができます。つまり、所得税が安くなり節税となります。これを医療費控除といいます。
 医療費控除については医療費控除(別サイト)まで。