節税>>サラリーマンができる節税

金を売った場合

 金価格の高騰により、金を売って儲かった人もいるでしょう。サラリーマンなどが持っている金を売却した場合の所得は、原則、譲渡所得として課税されます。給料など他の所得と合わせて総合課税の対象になります。
 なお、所有期間5年以内の売却益は「短期譲渡所得」になり、5年超の場合は「長期譲渡所得」となり、次のように扱いが違います。
 
売却価額−(取得価額+売却費用)=売却益
 
●所有期間5年以内で売却した場合
短期譲渡所得=売却益−50万円(限度額)
 
●所有期間5年超で売却をした場合
長期譲渡所得=(売却益−50万円)÷2
 
 つまり、所有期間5年超で売却したほうが所得が半分になるので節税になるということです。
 なお、営利を目的として継続的に金の売買をしている場合の所得は、譲渡所得とはならず、その実態により事業所得又は雑所得として総合課税の対象になります。一般的には、特別控除額50万円が使える譲渡所得のほうが、事業所得や雑所得より税金的に得になることが多いです。そのため、金を売った時に、節税をしたい人は注意をしてください。