節税>>個人事業主・会社経営者ができる節税

減価償却方法を定率法とする

 備品、車両、機械といった有形固定資産の場合、減価償却方法には定額法と定率法があります。定率法は定額法に比べて、早めに減価償却費の金額を多く計上できます。そのため、節税をしたいのであるならば、減価償却方法は定率法を選ぶとよいでしょう。