節税

節税

当サイトは、節税に関する情報サイトです。
節税と脱税
 節税と脱税

 節税の達人が解説する法人税、所得税、相続税、贈与税等の節税


 このサイトをじっくり閲覧することにより、節税のお悩みが解決します。

   
 
 1.節税する前に絶対知っておくべきこと
  節税と脱税の違い
  節税策が租税回避と指摘されないようにする
  節税本を何冊読んでも時間の無駄
  知り合いが出来た節税を真似する
  租税判例を研究すべき
  通達に従った方が利口
  節税に裏技なんか無い
  節税が第一ではない
 
 3.サラリーマンができる節税
  サラリーマンができる節税の基本
  節税は個人ではなく家族全体で
  サラリーマンで確定申告をすれば還付される場合
  還付申告ができる期間
  「生計を一にする」とは
  妻のパート収入金額を節税で決める
  配偶者控除
  配偶者特別控除
  扶養親族がいる場合
  災害や盗難などで資産に損害を受けた場合
  医療費を支払った場合
  社会保険料を支払った場合
  生命保険料を支払った場合
  地震保険料を支払った場合
  寄附金を支払った場合
  自家用車を売った場合
  金を売った場合
  副業の黒字が20万円以下なら確定申告の必要はない
  副業の赤字を利用する節税
  
 
 4.マイホーム・不動産の節税
 住宅ローンを利用して節税
  住宅を新築又は新築住宅を取得した場合(住宅借入金等特別控除)
  中古住宅を取得した場合
  増改築等をした場合
  省エネ改修工事をした場合
  バリアフリー改修工事をした場合
  認定長期優良住宅の新築等をした場合(住宅借入金等特別控除の特例)
 
  認定長期優良住宅の新築等をした場合(認定長期優良住宅新築等特別税額控除)
  耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)
  太陽光発電設備を設置した場合
  
  
  
  

 
 
 2.個人事業主・会社経営者ができる節税
  青色申告制度
  小規模企業共済に加入する
  短期前払費用
  未払消費税の計上
  給料でなく、業務委託費や外注費にして消費税の節税
  領収書のもらい方
  領収書がもらえない場合
  棚卸資産の評価方法
  棚卸資産の取得価額
  減価償却方法を定率法とする
  減価償却資産は少額のものを購入する
  資本的支出とならないように修繕する
  商品等の販売収益の計上時期を検収基準とする
  自転車通勤者に手当
  資本金に注意する
 
 5.相続税・贈与税の節税
  相続税節税4本の柱
  生前贈与の活用による節税
  早めに贈与すると得な財産
  現金贈与より不動産贈与のほうが節税になる
  祖父から孫に贈与
  通常必要な範囲の仕送りをして節税
  相続税の配偶者控除
  贈与税の配偶者控除
  地価が高い場所へ引っ越しをして節税
  親と同居するか、家をもたない
  アパートやマンションなどを建てる
  養子縁組による節税
  相続財産を譲渡した場合の取得費の特例
  死亡保険金はどう入るべきか
  相続時精算課税制度を利用した節税
  タワーマンションを購入する
  評価通達6項に注意する
  教育資金の贈与
  結婚・子育て資金の贈与
  
  
  借入なのか贈与なのか
 
節税の資料
  節税
  
  
  
  
  
  
  
  
 
 「節税の達人」は商標として登録されています
 「節税の達人」は商標として登録されています。商標法第78条の規定により、商標権(節税の達人)を侵害した者は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金に処せられます。
 
 
 当事務所への仕事のご依頼
 税理士・中島IT会計事務所では、節税等税金に関するマスコミの方からの取材、セミナー講師を喜んでお請けいたします。
 
節税の注意
 1.当サイト(節税の達人)の著作権は、税理士・中島IT会計事務所が有しています。
 2.税理士・中島IT会計事務所は、利用者が当サイト(節税の達人)の情報を用いて行う一切の行為について、なんら責任を負うものでは有りません。
 3.当サイト(節税の達人)は、予告なしに内容の変更または削除もしくはURL(アドレス)の変更をしますので、あらかじめご了承ください。
 
節税のリンク    
 当サイト(節税の達人)はリンクフリーです。報告義務はありません。
 
イカ 
節税」のTOPへ